精密機械ってどんなところで使われてるの?

精密機械について詳しくなろう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

精密機械ってどんなもの

デジタル社会と言われる昨今ですが、機械なしには日常生活も簡単には送れない時代です。 災害体験ができるイベントに参加したことがある方や停電を長期間経験したことがある方ならきっと、よりそのように感じると思います。 家の中での精密機械にどんなものがあるか、具体的に見ていきましょう。

公共にある精密機械

家の中に、たくさんの精密機械があることがわかったかと思います。 では、家の外はどうでしょうか。 電気が一切ないような場所でも実は精密機械があったりするものです。 屋外では移動手段、誰かとの楽しい時間を過ごす場、命を支える場で、欠かせない精密機械があります。

製造現場の精密機械

これまでは私たちの生活に直接的に関っている精密機械を紹介しましたが、これだけではありません。 私たちに関係ないようにみえるけれど、なくなったら生活や社会が破綻しかねない精密機械も多く存在します。 それは私たちの大量消費社会をささえている、さまざまな業種の製造現場です。

家の中にはどういうものがあるの

精密機械ときいてどんなイメージをもちますか?
壊れやすそう、繊細、部品が細かいなど、かっちりとした定義を知っている人はすくないのではないでしょうか。
精密機械を辞書で引くと、「微細な部品で構成された、機械仕掛けの装置」と簡単な言葉でまとめられます。
しかし、どの程度微細であるかなどの定義はありません。
ただ、時計と聞くとイメージがつきやすいのではないだろうか。
ピンセットでつままないと持ち上げられないような細かい部品が複雑に組み合わさってできた、1つの機械。
精密機械と呼ばれる物はそういったイメージの物といえるでしょう。

ただ、腕時計のように小さくない精密機械も多く、特に病院や工場で見られる大型の機械も精密機械と呼ばれます。
もちろん家の中にも改めて確認すれば実に多くの精密機械に囲まれていることがよくわかるでしょう。

そして、最初にも上げた精密機械のイメージに壊れやすそう、と挙げましたが、言葉の通り、その通りなのです。
細かい部品がお互い噛み合ってできているので、1つが欠けると不具合を起こしてしまいます。
場所によって、その不具合がすぐに出てくることも、時間をおいて確認できることもあります。
機能がシンプルな機械よりも、何個も機能を持つ家電がどちらかと言うと壊れやすいように、精密機械はより複雑であればあるほど、どちらかと言うと壊れやすい物になります。
家電で買い替え目安の年数になったら壊れていなくても買い替えた方がよいという人もいますが、その年数はその精密機械がベストの状態で動ける期間です。
期間をすぎたからと言って、すぐに壊れませんが、知っておくほうが、なにかあった時に対応が早くできるので、知っておきましょう。